〒573-0058 大阪府枚方市伊加賀東町2番21号
TEL 072-844-5181 (代表)
検査部門の案内 
   
臨床検査部門  
生理機能検査  
内視鏡検査  
放射線科  
     
 
臨床検査部門
 


    臨床検査部では、正確で迅速に結果を医療現場に提供することを心がけています。
  
   受付  
     血液検査     
      中央採血室において検査依頼用紙にて受け付けし、採血します。   
     尿検査    
      検査室横のトイレ(男性側)に棚を設置してありますので、
コップを取り、 採尿後検査用紙を下に敷いて提出してください。
 
     心電図などの生理機能検査   
      検査室で受付しています。  
           
   一般検査室  
      血球測定KX-21(Sysmex)
出血凝固機能
血液型
クロスマッチ
血液ガス分析
トロップT
ラピチェック
   
           
      尿の成分検査
尿沈渣
妊娠反応
   
           
      迅速検査:インフルエンザウイルス
       A群β溶血性レンサ球菌
       肺炎球菌抗原
       ロタウイルス
       ノロウイルス 
   
           
      ヒトヘモグロビン: 大腸癌のスクリーニングに用いる便の鮮血反応の検査です。  
      ぎょう虫検査:肛門周辺に押し付けた粘着テープを試料として検鏡します。   
      鼻汁好酸球検査 :アレルギー性鼻炎の判定を行う検査です。
            好酸球はアレルギー疾患などで増加します。
 
           
     
尿素呼気試験
胃がんの原因となるピロリ菌の検査です。
ピロリ菌が尿素を分解する性質を利用して
検査薬(13C-尿素)服用前後の呼気を集めて診断します。
最も精度の高い診断法です。
 
           
      その他の血液検査などは日本臨床に委託しています。 
至急に結果が必要な検査結果はコンピューターでオンラインで結果を報告されます。
 
           
 
 
生理機能検査
 
     心電図(標準誘導、運動負荷、ホルター心電図)     
     多機能心電計FCP-7541(フクダ電子)  ホルタ記録器FM-150(フクダ電子)  
         
         
   呼吸機能:スパイロメータAS-302(ミナト医科学)  
     呼吸機能の異常を早い段階で認識してもらうため、肺年齢を計算し、
患者さまに説明しています。
肺年齢.net
 
   血液脈波検査装置:form PWV/ABI(オムロンコーリン)  
      動脈硬化を客観的に評価することのできる
非侵襲的な検査です。
糖尿病や動脈硬化症による血管狭窄の早期診断のためのスクリーニング検査です。
 
   聴力検査  
     オージオメータAA-79(リオン)  インピーダンスオージオメータRS-33(リオン)  
         
   超音波検査:東芝 Xario SSA-660A PACS接続    
     
   
 検査日
 腹部エコー  月曜日 金曜日
 心臓エコー  木曜日
 乳腺エコー  月曜日 火曜日 金曜日
 
   
 
 ページトップへ
 内視鏡検査
 
    食道、胃、大腸がんおよび腺腫の早期発見と内視鏡治療(内視鏡的ポリープ切除、粘膜切除術)を行っています。
苦痛のない検査を行うため、麻酔薬による睡眠状態での検査も実施しています。

検査をご希望の方は、内科外来に受診してください。
 
内視鏡検査装置はPACS接続されています。検査結果は各診察室で見ることができます。
  
    上部内視鏡検査: 内視鏡システムAdvancia(富士フィルム)  
   
       
   下部内視鏡検査:内視鏡システム(オリンパス)  
       
       
   内視鏡洗浄装置:OER-2(オリンパス)  
 
 わずか17分の洗滌・消毒工程で
消毒が可能です。 
    
 
 ページトップへ
 放射線科
 
 
    現在放射線科は一般撮影、骨塩定量測定装置、マンモグラフィ撮影装置、X線マルチスライスCT、MRI装置、X線TV、外科用イメージがあり、常に全員が各装置全ての検査を行えるよう、各科の臨床診断を画像診断の立場からサポートし、より確実な確定診断に結びつくよう体制を整えています。   
   また、近隣の開業の先生方などからの検査依頼についても積極的に受け入れておりますので、是非ご利用ください。  
     
  CT検査依頼用紙 (B5) MRI検査依頼用紙(B5)  
  歯科用CT検査依頼用紙(A4)     
  造影CTチェックリスト(B5)  造影MRIチェックリスト(B5)  
  上の用紙をダウンロードしてご利用ください。
 
 
   当院では撮影された画像は全てデジタル化され院内のPACSに画像が配信されています。
画像処理が早くなり、撮影効率が向上し待ち時間が短縮しました。
 
KONICA MINOLTA PACS
 
       
   一般撮影   
    いわゆるレントゲン撮影です。体を透過したX線を画像にします。胸部、腹部、全身の骨・関節の撮影を行なっています。CRシステムにより、軟部から骨部まで幅の広い安定した鮮明な画像が得られます。また、撮影寝台は昇降式の寝台装置になっており、お体の不自由な方やお子さま、ご高齢の患者さんにもご負担なく、安全に乗り降りできるようになっています。  
       
     TOSHIBA一般撮影装置  Carestream CR  
     
   C T   
   体を透過したX線をコンピュータで計算して体の輪切り断面を撮影します。装置のベッドに寝ていただいた状態で行う検査で、患者さんの負担が少ない検査です。
通常のX線撮影では識別できない臓器の形状や内部の状態を簡単に調べることができます。また骨や血管の3次元画像や任意断面を再構成することもできます
 
   
TOSHIBA 16MDCT装置
 
       
   MRI   
   身体を磁場装置の中に入れ、特殊な電波を加えると、体を校正する水分子から微弱な信号が発生します。それを受信して画像にする装置です。 任意の断面を得ることができます。  
     
   オープン型MRIの特徴    
    ベッドの周りが大きく開いたワイドオープン型装置なので圧迫感や閉塞感が少なく非常に静音ですので、小児や高齢の方でも安心して検査が受けられます。
 全身のあらゆる箇所を検査することが可能です。
 また超急性期脳梗塞の診断も可能です。

※MRI検査は放射線による被曝の心配はありません。
 
   

HITACHI 0.4TMRI装置
 
       
   消化管造影検査  
     消化管は上部消化管と下部消化管とに大別されます。

  上部消化管造影検査は食道・胃・十二指腸の検査のことです。
はじめに、胃を人工的に膨らませるために発泡剤を少量の水で飲み、この後バリウムを飲みます。体を何度も回転しバリウムで胃の中の粘液を洗い流してから、バリウムを胃の粘膜に付着させて写真を撮影します。特に集団検診では有効性が認められている安全な検査です。

  下部消化管造影検査は大腸の検査です。肛門にカテーテル(管)をいれ、はじめにバリウムも入れ、この後適量の空気を送ります。体を回転させて大腸の粘膜にバリウムを付着させ、写真を撮影します。 
 
 
TOSHIBA DR装置
 
       
   マンモグラフィー  
     マンモグラフィ検査とは乳房のX線写真のことです。 現在、日本における30歳から65歳までの女性の死亡原因のトップは「乳がん」です。しかし、早期発見早期治療により、乳がんは決して怖い病気ではありません。
  乳房は柔らかい組織ですが、撮影時には乳房厚を均一にするため圧迫します。これにより、病変をはっきりと描出することができ、使用するエックス線の被ばく線を減らすことができます。圧迫時には若干の痛みが生じますが、 圧迫することの重要性を理解していただき、ご協力をお願いしています。
 
 
 SHIMADZU マンモグラフィ装置
 
       
   骨密度測定  
    DEXA法による骨塩量測定は、骨粗鬆症の診断や治療の経過観察などに広く用いられます。
  当院では非利き腕の前腕骨の骨塩量を測定しています。
  この測定法の特徴としては、検査精度が高いメリットがあります。
 
 
ALOKA骨密度測定装置 
 
       
   人々の共通の願いは健康で豊かな長寿を全うすることです。当院では、地域住民のみなさまに対して、病気のために通う病院から、健康やより良い生活のために通う病院を目指しています。そのために画像診断の精度向上に努め、人々の健康行動の一助となることを目指していきたいと考えています。
 
     
     

 
ページトップへ 
 連 絡 先
 
協立病院 放射線科
TEL(072)844-5181(代)
E-mailでのお問合せはこちらからお願いします。 
 
ページトップへ 
 Last update 2012.7.9
All content @ kyouritu hospital. All Rights Reserved.  TEL 072-844-5181(代)